hello (visible) world.

HomePodを買った

2019.08.24 · 2625 words · 6 minute read
  diary , Apple , Audio

とりあえず、まずは1台。HomePod。

色々と賛否両論あるけれども、買って聴いてみないことには批評できないと思って1台買ってみた。

1. iPod Hi-Fiとの比較

ひとまず、同じくApple製のスピーカー製品ということでiPod Hi-Fi(2006年発売)と聴き比べてみて、HomePodは 気持ちの良い音 が出るなぁと思う。
聴き比べれば比べるほど、iPod Hi-Fiの音がペラッペラであるように感じてしまう。HomePodと比較するまではそこそこ気に入ってたのに、どうしてくれるんだこのやろう...

低音はかなり出る。東京の狭い1Kマンションの一室では下手に音量をあげれば苦情が来そうだなと思う程には出る。
では高音域は出ないのか?と言われれば、必要な量は出ているように感じる。どこかが極端に不足していたり、聞こえなかったりする事は無い。
しっかりとした低音が出るが、高音もちゃんと出る、それを雑に一言で表現しろと言われたら きれいなBOSE が適当かもしれない。(と言っても10年くらいBOSE製品買ってないので、昔と違って最近は高音も出るのかもしれないが...)

音量は0からちょい上げ(音量のバーを見たら1/10以下)程度で十分。このボリュームを半分程度まで上げるには戸建ての広いリビングが必要そうだ。

2. 付属品、本体とケーブル

HomePod manual and sticker

付属品は無い。(厳密に言えば、紙の小さいマニュアルとステッカーは付いてる)
箱を開けると中にはHomePodと、それに最初から繋がっている電源ケーブルが入っている。

ケーブルの皮膜は布っぽいザラザラした質感で、昔のApple製品のように加水分解してベトベトになるような事はなさそう。

3. 技適マーク

技適マークは下部のゴム部分に記載されていた。
文字などを表示できるような画面は付いてないので、ソフト的ではなく物理的に読み取れる位置に記載されている必要があるが、この位置であれば目立たなくて良さそう。

というか、HomePodは普通に置いている限りでは文字やロゴを見つける事はできない。これがSONYだったらロゴが入ってるし、Google Homeなら背中の部分にGのマークが入っているので、HomePodは究極にシンプルな見た目と言える。

4. Siri

割とバカ。

iTunesで Jazz BEST というプレイリストを作っているのだが、「ジャズベストを再生して」「プレイリスト ジャズベストを再生して」「ジャズベストというプレイリストを再生して」という言葉のいずれでも再生不可能だった。
AppleのオススメのJazzを再生し始めるので「hey Siri, 違う」で 違う、そうじゃない ということを学習してもらおうとしてるのだが、結局はプレイリスト名を「My Jazz BEST」にすることで解決した... 人間の敗北である。

その他はiPhoneと同じような印象だった。iPhoneよりも優れたSiriが載ってるわけではないので、Siriに関してはあんまり期待しないほうが良さそう。

5. 「ホーム」アプリ

HomePodはHomeKitのハブになる使命も持って生まれている。ので、HomeKit連携する機器と一緒に使うと良い。
だけど、すでにAppleTVを持っていたりiPadを家に置きっぱなしにしてる人にとっては、それらが既にハブとしての機能を果たしているので特に何かが変わる事はない。

「ホーム」アプリからHomePodの設定を変更できるのだけど、一つだけ なぜそれが出来ない と首を傾げたのが、音量の調整。
音量の調整はSiriにお願いするか、HomePod上部のタッチパネルを操作するか、iPhone/iPadの「ミュージック」アプリまたはiTunesからHomePodのライブラリに切り替えて音量調整するしかない。
「ホーム」から可能なのは、再生の開始と停止だけである。なんというか、シーリングライトの光量調整とかのUIがあるんだから、HomePodの音量調整くらい出来てもいいと思うのだけれども...

6. 選曲

基本的には「Hey Siri」でやってくれというのがAppleの想定だと思うんだけど、前述の通りSiriが結構バカだし、毎回曲名やプレイリスト名を口に出すのも結構面倒。
どうにかしてiTunesライブラリからマウスで選んで再生できないものかと格闘するもAirPlayでの再生になってしまうので唸ってたら発見した。

How to choice music

分かるかYO!

色々 シームレス になるように統合されているんだろうけど、流石にこれは説明が無いと初見では分からんでしょう......

5. HomePodの評価

この製品はApple Musicを契約していて、ライブラリにそこそこの音源を持っている私にとっては、音楽垂れ流しデバイスとして気軽に使えて満足。
逆にApple Musicを契約していない人にとっては、あまりメリット無いでしょう。ストリーミング&ミュージックロッカーのサービスと一緒に使うことで価値が最大限に発揮されるので。

個人的には光デジタルとかの入力端子が1個くらい欲しかった。まあ、ケーブルがモジャモジャしてるのは美しく無いってのも分かるので、そこは諦めるけれども。

あと、最大音量の制限とかイコライザーで低音を絞れるとか、そういう機能が欲しかった。
最大音量を絞れると、細かくボリューム調節が出来るようになるので嬉しいんだけどなぁ...
低音も机の上に置いていると振動を感じる程度には出るので、少しだけ絞りたいのだけれど不可能である...
この辺りはソフトウェアで可能なので、時期iOSかmacOSにはこれらを調整できるような何かを搭載しておいてもらえると超嬉しいんだけど、そんなことは無いんだろうなぁ...

UIはもうちょっと何とかしてくれ、という感じだけど、ひとまず音楽をiPhoneやMacで選曲して AirPlayではなくHomePod自身に再生させる 方法をどこかにデカデカと書いておいて欲しい。
今まで割と色々なApple製品を買ってきてるつもりだけど、それでもハテナだったのでちょっと厳しい。あるいは私の信仰心が足りないのかもしれないが(白目

一家に一台、Apple製の(音が鳴る)壺、いかがでしょうか?